生活について

Q. 子供の生活のリズムで留意すべき点は何ですか?

A. 大人、子供を問わず規則正しい生活を送ると、心身の健康を保て、気分が良いことをお母さん方はご存じでしょう。
当たり前のことですが、私たちの生活は 日の出 日の入り、昼と夜、季節の移り変わりなどの大自然の営みとその繰り返しの中で進んでおり、一定の法則と不変のリズムの上に成り立っています。

それは丁度、私たちの心臓の鼓動や吸っては吐く呼吸が “一定の法則” と “不変のリズム” に従ってこそ “生命” を維持しうるのと同じ理由で、一日の内の 「眠りと目覚め」 「食事と排泄」 といった大きな意味での身体呼吸も、大自然の理(ことわり)にかなっている時にだけ、人を健康へと導くのです。

人は生まれた瞬間から、自然環境のリズムに呼応し、順応しながら、 「目覚めて、食べて、排泄し、眠る」 日々の生活活動を開始します。
けれども動物に比べると はるかに未成熟な身体器官を持って生まれる人間の子どもは 周囲の大人(主に母親、父親)の愛情深い導きなしには、規則正しい生活なくしては健康な身体器官が形づくられることもあり得ないということを意味しています。

したがって、少なくとも子どもが幼いうちは生活のリズムを意識的に作ってあげなければなりません。
「目覚めること、食事をすること、排泄すること、眠ること」 が身体的な欲求を満たすばかりでなく 心までも幸福に満ちるひとときであるような生活環境を用意してほしいものです。
もし、帰りが遅く、不規則な生活をしているお父さんが、お父さんの都合で子供と接しているのなら、子どもの生活のリズムの中で触れ合う時間を持てるように話し合っていただきたいです。お父さんが不在時でも常に両親の愛情と子どもへの配慮に満ちている家庭であってほしいです。

生活のリズムを具体的に考えてみますと、1才までは1日中 「目覚め、食事、排せつ、眠り」 の繰り返しが続きます。
2才を過ぎるまでに、1日 5回食、午前・午後2回の午睡 のリズムに変わり、3才 また子どもによっては4才位まで 1日 3回食、午前・午後の間食(食事の補いとして考える)、1日1回の午睡のリズムになります。
排泄は区切りめにできるようにうながして下さい。

幼児の生活時間は、6時起床・8時就寝を目標としてください。
子どもを寝かしつける時は お母さんの心がすぐに影響するのではないでしょうか。
よい眠りの準備として、たとえば子どもと一緒にその日の体験を振り返り、その日の嬉しかったことや悲しかったことを説教なしでお話したり、また 昔話や童話を語りきかせたり、静かなメロディーを口ずさんだり、子どもの心に幸福な平穏を与えて下さい。
きっと眠りの扉がしずかに開いて迎え入れてくれるでしょう。